岐阜県の家庭教師選び完全ガイド » 不登校の子にオススメしたい岐阜の家庭教師とは

不登校の子にオススメしたい岐阜の家庭教師とは

不登校な子の進学には
家庭教師のサポートが最適

不登校の理由はさまざまですが、勉強もその1つに挙げられます。勉強が嫌い、授業の内容についていけない、集団授業が苦手···など。そんな子には、家庭教師が最適のサポートです。ここでは、家庭教師がオススメな理由と共に、不登校の子に対応した、岐阜の家庭教師を紹介しています。

勉強のイメージ

どうして不登校の子に家庭教師がいいの?

学校の授業では、「みんなの前で質問するのが恥ずかしい…」「こんな質問したらバカだと思われるかもしれない…」など周りを気にする結果授業についていけなくなることがあります。不登校の子はよりこの傾向が強いです。

家庭教師ならば1対1なので気軽に質問でき、先生に直接誉められることで自信を取り戻せます。自分のペースで、自分の学力に合った学習ができるため、弱点の克服や勉強の仕方を教われるのも大きな魅力と言えるでしょう。

もちろん、勉強以外の理由で不登校になる子も大勢います。そういった子の、「学校には行きたくないけれど勉強はしたい」という気持ちにも、家庭教師はしっかりと応えてくれます。

フリースクールではダメなの? 

フリースクールとは、不登校やひきこもりをはじめ軽度の発達障害、身体障害、知的障害などの事情を抱える多くの子どもたちを受け入れ、学びの場を提供している場所です。民間の教育機関なので方針や教育理念、形態はさまざまで、費用も一様ではありません。 

フリースクールと家庭教師のちがい 

フリースクールは、同世代の子どもたちとコミュニケーションがとれるメリットがあります。また、もちろん正規の学校ではないのですが、学校長の裁量によっては、フリースクールに通うことで学校の出席と見なしてくれるケースもあるようです。

ただ、スクールに通うこと自体が苦痛な子、集団生活や集団授業が苦手な子には、やはり完全在宅で勉強に専念できる家庭教師が向いています。その子に合わせた指導も受けられるので、学力アップという面でも効率的と言えるでしょう。

また、岐阜のフリースクールでは、「トライ式高等学院・中等部」は入学金が10万円年間授業料が28万円。「KTC中央高等学院」では入学金は同じく10万円、年間授業料が24万円となっています。家庭教師なら月額1万円以下で学べるため、経済的な負担を考えても、家庭教師は1つの選択肢として挙げられるのです。

不登校者に対応している岐阜のオススメ家庭教師

最近は、不登校者のサポートを積極的に行なっている家庭教師が増えています。以下に、岐阜県内で不登校者におすすめの家庭教師を3つピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

家庭教師ヴォックス

家庭教師ヴォックスHP画像

引用元:家庭教師ヴォックス公式HP

http://www.t-vox.jp/

60分あたりの指導料:1,500円~
学校の授業・教科書を重視した指導を実践しており、“勉強のやる気をアップさせる”指導法が特徴です。ヴォックスはこれまでに何人もの不登校者を志望校へ進学させた実績があります。何年も学校を休んでしまっていた子であっても、きちんと理解できる学年まで戻って指導をしてくれます。また、家庭にいるときでも毎日しっかり一定時間の勉強ができるよう、習慣づけや計画づくりから指導してくれるので安心です。

家庭教師のあすなろ東海

家庭教師のあすなろ東海HP画像

引用元:家庭教師のあすなろ東海公式HP

http://www.asunaro-kk.com/tokai/

60分あたりの指導料:1,750円~
苦手の克服、予習・復習のやり方を教えることによって“やる気をアップさせる” 指導法が特徴です。『ひきこもり支援相談士』という資格の取得により、不登校のお子さんを持つ家庭のサポートに力を入れています。その他にも、さまざまなサポート体制を整えて、不登校の子どもたちやその家族のサポート役となれるような工夫を行なっています。

家庭教師のアズ

家庭教師のアズHP画像

引用元:家庭教師のアズ公式HP

http://www.global-aaa.com/

60分あたりの指導料:2,800円~
1ヶ月間の体験学習で最適な先生を見つけてから入会できる制度が特徴です。また、講師の他に進路相談や学習法をサポートする指導員もつきます。通常のコースの他に、兄弟同時指導や学習障害、不登校生、幼児、その他の場合を対象とした「特別コース」が用意されています。