長良高等学校

長良高校
偏差値60

文武両道を実践する高校で、進学にも部活動にも力を入れています。校則はとくに厳しいわけではないですが、乱れた生徒も少なく、健全な高校と言えそうです。制服は、男子は詰襟の学生服、女子はブレザーが指定されています。

長良高等学校の画像

引用元:長良高等学校

http://school.gifu-net.ed.jp/nagara-hs/

長良高等学校の受験について

入試内容は、国・数・英・理・社と面接です。

第一次選抜は、検査期日が平成29年3月9日(木)、合格発表が平成29年3月16日(木)です。連携型選抜は、検査期日が平成29年3月9日(木)・10日(金)、合格発表が平成29年3月16日(木)です。第二次選抜については、第一次選抜の後、欠員のある学科・コース・部で実施されます(検査期日が平成29年3月23日(木)、合格発表が平成29年3月27日(月))

2016年の入試倍率は、推薦入試が1.20、一般入試が1.10となっています。

長良高等学校に合格した人の声

高校でもサッカーを続けたいという希望があり、サッカーが強い学校の中から、将来的なことも考えて勉強面でもしっかりしている長良高校に決めました。文武両道という校風で、運動部は全国に出るレベルの選手もいます!夏のインターハイ予選敗退後は引退をして、勉強に切り替える生徒が多いです。

進学校ながら部活にも力を入れているところを魅力に感じました。頭髪・制服などの検査はほとんどなく、厳しくないと思います。スマホの規制もそこそこで、全体的にゆるいです。

卒業後の進路

ほとんどの生徒が進学を希望し、8割程度の生徒が四年制大学へ進みます。そのうち、国公立大学には毎年100名前後(過年度卒業生込み)が進学をしており、国公立大学への進学率は25%程度となります。ただ、この割合は年々減少しているようで、その原因としては、毎年方針が変わること、二年生における学力低下時の対策がなされていないこと、教員の指導力が落ちていること等が挙げられるようです。

著名な卒業生としては、小説家の岩井三四二、ミュージシャン(Aqua Timez)の太志、俳優の三浦浩一などが挙げられます。