岐阜商業高等学校

岐阜商業高等学校
偏差値56-66

岐阜県岐阜市にある公立商業高等学校。規律ある校風で、全体的にしっかりとしています。校則も比較的厳しく、あいさつや身だしなみなど細かいところにも触れられているようです。また、多くの運動系の部がインターハイに出場し、陸上競技部・水泳部・EDP部・簿記部・速記部などが全国優勝をしています。硬式野球部も甲子園で実績を残しています。

岐阜商業高等学校の画像

引用元:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/
岐阜県立岐阜商業高等学校

岐阜商業高等学校の受験について

入試内容は、国・数・英・理・社と面接です。

試験スケジュールは、第一次選抜が検査期日:平成29年3月9日(木)、合格発表:平成29年3月16日(木)。連携型選抜が検査期日:平成29年3月9日(木)・10日(金)、合格発表:平成29年3月16日(木)。また第二次選抜は第一次選抜の後、欠員のある学科・コース・部で実施されます(検査期日:平成29年3月23日(木)、合格発表:平成29年3月27日(月))。

2016年の入試倍率は、流通ビジネスが推薦入試1.90・一般入試0.99、国際コミュニケーションが推薦入試1.42・一般入試1.13、情報処理が推薦入試1.22・一般入試0.98、会計システムが推薦入試0.83・一般入試0.93です。

岐阜商業高等学校に合格した人の声

岐阜内で1番の商業高校だし、日本一の実績を持っていて、就職率も高いので自分のためになると思ってこの学校を選びました。校則は厳しくて、あいさつなどもしつけがしっかりしていますが、この厳しさがあってこそ社会に出て役立つと思います!

まず、身だしなみについてとにかく厳しい!気が抜けないです。また、部活動は全員必須です。この学校が一番良いのは、商業教育を行っているということもあって、ビジネスマナーを1から教えてくれるところだと思います。

卒業後の進路

約8割の学生が進学し、残りの約2割が就職します。進学者の7割ほどは四年制大学へ進学。国公立大学へも毎年十数人の合格者を出しています(過去の国公立大学進学実績としては一橋大学・千葉大学・筑波大学・金沢大学・富山大学・広島大学・滋賀大学等)。また、大学への進学はAO入試・推薦入試によるものが大半です。

著名な卒業には、元陸上競技選手の高橋尚子、陸上競技選手の青木沙弥佳、元プロ野球選手の加藤春雄がいます。